桑名市むぎそう様

施工前

こちらはいつもお世話になっている左官屋さんの息子さん夫婦が営むぱん屋さんです。
 
ほのぼのした二人はまさにジャムおじさんとバタコさんという感じです。
ここのぱんは本当においしく、こちらに仕事にいくとわかると色々な人から買って来てと頼まれます。
 
けれど、売り切れご免の”むぎぞう”さん。
うっかりしていると4時過ぎにはぱんがほとんどないというぱん屋さんです。
元々はぱん屋さん兼住居だった場所のとなりの敷地を運良く手に入れる事ができた”むぎぞう”さん。
家族で食事も就寝も一間の生活から解放されることとなりました。
 
「要望はぱん屋さん部分と住居部分はさりげなく別れていること。」
「でもぱんを買いに来てくれたお客様にも庭を楽しんでもらいたい。」
「急な斜面になっている入り口を緑のトンメルをくぐる感じにしたい。」
 
くらいの要望で細かい事はほとんどおまかせしますとおっしゃって下さいました。
任せて頂けるということはこちらを信頼してくださっているということ。本当に気合いが入ります。

施工後

イギリスのアンティークがお好きなご夫婦のために階段と積み石は古い石を使いました。
特に階段は経年の使用によりすり減っています。
 
長い年月をイギリスの地で使われてきた石・・・。
これからはぱんを買いに来てくださるお客様によって更に味わいが出てくる事でしょう。
 
まだ、完成して一年のお庭です。
今年の春はどんな成長をしてくれるかとても楽しみです。