瀬戸市N様邸

施工前

最初にご相談を頂いたのが2007年の秋だったN様邸。
瀬戸物の語源である瀬戸市足るべく、庭としての土壌は最悪に近い状態のひどい粘土層でした。
 
雨が降れば水が溜まり、乾燥が続けば地割れする・・・。
這えている草を見ても土地や痩せていることも一目瞭然。
 
自宅を新築した際に他の業者さんに植えてもらったという樹木は全て枯れ、私が伺った時も庭は水たまりが出来ていました。
N様邸以前にもこの近くの瀬戸市で工事をさせてもらったことがあり、そのお施主様も自分で色々植えたいのだけど土が堅くて歯が立たないということでした。

施工後

土の入れ替えを30cm行い、樹木を植えるスペースは50cmは入れ替えたでしょうか。
それだけでは雨が降ったらその掘った場所が穴の無いプランター状態になってしまい逆に水が抜けなくなるため、 暗渠を掘り敷地外に水が抜けるようにしました。03
土壌改良工事で時間をかけたN様邸です。
 
最初にプランを作成し、大まかな方向性は作りましたが、 ゆっくりご検討され土壌改良工事、土留め工事、植栽工事、 木工事etcと工期を分けられて施工し、 先日やっと最終の石張り工事が完了しました。
砂利はご主人たっての希望の白い砂利。
最初はどうかなと思っていましたが明るく中々綺麗です。
 
植栽工事からも2年が経ち、心配していた根グサレの問題もなく今年の猛暑でも葉が痛むこともなかったN様邸。
ご夫婦の愛情に包まれてすくすくと成長しております。今年はたくさんの種類の蝶が来たとのこと。 確かに石張り工事中に珍しい蝶が来ていました。

余談ですが、N様邸を施工中にお向かいのK様邸からも依頼を頂き土留め工事をさせて頂きました。
ありがとうございます。