武豊町K様邸

施工前

10年経った住宅の外壁の再塗装を機に、庭のリフォームの依頼でした。
シンボルツリーのケヤキを囲うようにスロープになったアプローチが印象的なK様邸。
隣地境のには自作のフェンスがありましたが10年の時を感じる状態となっていました。
 
表札、インターホンは道路沿いにありましたが、ヘデラ(アイビー)が生い茂り気がつきにくくもなっていました。
そして、門柱の材は枕木!
今でもたまに枕木を使いたいと言われる事がありますが、あれはダメです。
確実に10年で腐り、シロアリさんの宴会場となります。
(私は枕木が昔から好きではなく撤去は数限りなくやらせて頂きましたが、自分で使った事はありません)
 
ご要望は・・・
 
せっかくの南側リビングにデッキがあるのに外からの視線が気になって
ゆっくり 過ごす事ができないのでなんとかしたい
玄関が奥まっているのでわかりにくいので、わかるようにしたい
いずれ、もう一台車が留められるようにスペースが欲しい
自分で楽しく植えた植物だけど、もじゃもじゃになりつつあるので整理したい
と割と明確なご要望がありました。
そう、10年ほど経つと自分たちの庭に何が必要で、何がいらないかよくわかるようになるのですね。

施工後

シンボルツリーのケヤキは芝生で法面となっていましたのでギリギリまで土を取り、
土留めを作り空間を広げました。
入り口がよくわかるように道路側に広がっていくアプローチを作り、段差も出来るだけ少なくしました。
門柱は道路と玄関の丁度真ん中あたりに持って来て目につく場所に移動させました。
K様邸は道路より住宅が結構上がっているので道路沿いに門柱を作っても目線は上にいくので気がつきにくいのです。
またこの場所はオープンな場所からプライベートな空間に切り替わる場所にもなるので、郵便屋さんとかはプライベートな場所には入ってきません。
元々、植物がお好きな奥様。色々な植物が植わっていましたがきちんと色を統一してあったのでほとんど追加をせず、伐採する事もなく位置替えだけですっきりと美しい空間になりました。
奥様の好きなピンク系の花々と大きなケヤキ。
柔らかく、でもインパクトのある庭になりました。


玄関に自然に導かれるような感じになったでしょうか。

門柱横に蛇口を付けました。

外からの目線も気にならなくなり楽しくBBQが出来るという事です